liberté,amitié,illimité


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:espoir 願い ( 11 ) タグの人気記事

BONNE ANNEE! 迎春


a0247585_8431254.jpg


「みなさん、新しい年、2014年がやってきました。

a0247585_8434822.jpg


あけまして

a0247585_844153.jpg


おめでとう

a0247585_8443610.jpg


ございます~

a0247585_845051.jpg


~う~ぅ。」

a0247585_845405.jpg


上手に挨拶できたかっちゃん、大人になりました・・・ね?!

a0247585_8463365.jpg


今年も一緒に、にこにこ、にやにやしながら元気にやっていきましょう。

「みなさん、今年もどうぞ仲良くしてくださいね。」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-01-01 08:47 | 日常のお祝い

a0247585_981090.jpg


今年は、例年より一回り大きい「日本の美しい山」のカレンダーを友人が送ってくれた。

写真を見ながら、深呼吸をし
山々の麓に立っている気持ちになる。

今年は富士山がユネスコの世界遺産に登録されたけれども
私にとっては、日本全体が世界遺産のように思える。

四季折々に美しい姿を見せてくれる日本の山々
低山もあれば、森林限界を超える高山もたくさんある。
森の中を歩くのも楽しいし、ハイマツ帯を歩くのも楽しいんだな。
日本の山々をたくさん歩いた時期があったことは、とても贅沢なことだと思う。

カレンダーが大きくなったように
あの山々へ再び登りたいと思う気持ちも大きくなる。

さて、少しは現実化できるように少しずつ計画を立てていこう
そう思う2013年蛇年の晦日の日である。


a0247585_9141436.jpg


暖かい年末ではあるが、今朝はお向かいのお宅の屋根が真っ白になり、寒い。

a0247585_915840.jpg


夕方、ナデット姉の車で人通りの多い街中を通り

a0247585_9154945.jpg


町の反対側にある夕陽の沈む人口湖までの小さなドライブ

a0247585_9164028.jpg


かっちゃんへの年末のプレゼントね。

a0247585_9172268.jpg


「しかし・・・ここはどこだ・・・

a0247585_9175211.jpg


マレでもないし・・・川じゃないみたいだし・・・」

a0247585_9183049.jpg


車に乗るのが大好きなかっちゃんは、外を見たり

a0247585_9185919.jpg


にっこにこであった。

a0247585_9192121.jpg


「今年もあと一日。
時が経つのは早いものだな。
そう思う、6歳になった2013年の晦日の日である。」 ^^
[PR]
by echaloter | 2013-12-30 23:45 | 日常の特別

a0247585_2171789.jpg


カラーの花が咲く頃、6月の終わりにお隣のオデットおばあちゃんが天へ旅立った。
93歳だった。

もう3ヶ月も前のことになる。

a0247585_2117321.jpg


私は、両親や連れ合いをすでに亡くしているので
家族のひとりひとりを失う深い悲しみは知っているつもりだけど
お隣の仲良しのおばあちゃんが旅立つというのは
またそれとは違う悲しさと寂しさがある。

a0247585_21172887.jpg


8年前にここに引っ越してきてから
オデットおばあちゃんとは、会うたびにおしゃべりするたびに
いい時間を過ごしてきた。

昨年の夏には、カシューとおばあちゃんの車に乗って
隣町の公園まで一緒に散歩に出かけたことがあったな。

a0247585_2118835.jpg


最後に会ったのは
おばあちゃんと娘さんのピエレットとお茶の時間を過ごしたとき。
おばあちゃんとは私もなんとなく親子のような感じでおしゃべりをしていたけれど
ピエレットとおばあちゃんが、意見が違ったりしてちょっとけんか腰のようにおしゃべりするのを聞きながら
あー、ほんとの親子ってこういうものよね、と思ったんだったな。

a0247585_2118372.jpg


両膝の関節炎で両手に杖をつきながらも、歩きながらリハビリをしたり
少しの間入院したときにお見舞いに行ったときには、「病院の食事もいいんだけどね、早く自分で料理してご飯が食べたいわ」と言って笑っていたおばあちゃんの
そのしゃきっとした生き方を私も目指したいなと思ったことも何度もあった。

a0247585_21192275.jpg


ピエレットからおばあちゃんが亡くなったと電話で連絡をもらったとき
おばあちゃんの車がもうここにやってくることはないんだなって感じたみたいに
カシューは、ちょっと寂しげに外を見ていたね。
まだまだ小さいときに、ほんの少しの時間預かってもらったこともあって
カシューもおばあちゃんと仲良しだったね。

a0247585_2128687.jpg


毎年おばあちゃんにはミラベルのジャムをプレゼントしていたので
遠くの町から荷物を片付けにやってきているピエレットに
「今年もおばあちゃんやピエレットのことを思いながら作りました」とジャムを手渡した。

そして、喜んでくれたピエレットは、おばあちゃんが大事にしていた鉢をくれた。
カラーに似た白い花が咲くスパシフィラム。
水をやりながら「おばあちゃん、おはよう」という毎日が始まった。

a0247585_21333716.jpg


今は何年も前に亡くなったご主人と一緒に安らかに天で過ごしているといいな。

あー、やっとおばあちゃんのことを書くことができた。
何度もきちんと記しておこうと思いながら、寂しくなってずっと書けなかった。
これで、少しはおばあちゃんの旅立ちが現実のものと思えるだろうか。
でも、私にとってはやっぱり、以前と変わらず
お隣の家で静かにくらしているおばあちゃんがずっと存在し続けるだろうな。

この8年、親しい人が何人か旅立った。何人もと言ったほうがいいかもしれない。
時が流れ、世代は交代していくのだな。

それにしても、みんな私にいろんなものを残して、早く旅立ちすぎですよ!
みんなの思い出を力にして、元気に過ごしていくから
オデットおばあちゃんはじめ、天上のみなさん、カシューと私、そして地上でがんばっているみんなをどうか見守ってください。

(写真は、6月から9月の間に撮ったものです。)
[PR]
by echaloter | 2013-09-28 21:21 | 日常の特別

雪降り、雨降り


a0247585_5425100.jpg


雨の朝、風も強く寒い。

a0247585_562184.jpg


夕方になって小雨になった。

a0247585_57156.jpg


昨日の雪はほとんど融けてしまったね。

a0247585_574860.jpg


天気がよくなくても、マレは美しいな。

a0247585_582047.jpg


雪が融けて再び現れた畑の土は、ほくほくしてる。
雪も土作りに協力してくれる。

a0247585_592640.jpg


港まで足を伸ばして
たっぷり溜まっていた船の雨水を汲み出して

それから

公園まで行ってみたら
門が開いていたので、いつものように中を散歩していたら
市の車に乗った管理のおじさんに「今日は閉園だよ」と言われて
「門が開いていたから、入ったんですが・・・」と答えると
「庭師のために開けておいたのだよ」とのことだそうで
閉園の看板が出てなかったから、かっちゃんと一緒に入ってしまったのでありました。^^

a0247585_5194138.jpg


そこで気を取り直して
すっかり雪が融けた対岸公園へ

a0247585_5142325.jpg


背伸びをすればすぐそこに見えるヤドリギにまた会いに行った。


a0247585_5153711.jpg


 「雪は融けちゃったのです・・・
 残念~」
[PR]
by echaloter | 2013-01-21 22:30 | 日常の特別

迎春 BONNE ANNEE


a0247585_45821.jpg


あけましておめでとうございます。

新しい年になりました。

かっちゃんは・・・
3年前から着ている一張羅の2歳児用の着物が気に入らなくなってきたようです。^^
今年は新調しますかね。

りんご姫は・・・
今年は年女。

4回目の年男、年女をお迎えの同輩のみなさん!
あと2年もすれば半世紀を生きてることになりますね。
いろいろとメンテナンスが必要な年齢ではありますが
なんとか元気で、じっくり先へ進みましょう。

ちょっと脱皮して
すっきりと軽快に歩いていきたいものです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by echaloter | 2013-01-01 08:25 | 日常のお祝い

新しい年がよい年となりますように





そう願いながら口ずさみたいなと思いました。^^
[PR]
by echaloter | 2012-12-30 06:06 | 日常の特別

日本の輝く美しい山々


a0247585_5195214.jpg


今年も日本百名山の来年のカレンダーを日本から送ってもらった。

学生時代から日本の各地の山々に登る時には
山と渓谷社の登山用のガイドブックや雑誌にお世話になったなぁ
と思い出す。
情報収集もアナログな時代だった。

来年のこのカレンダーに、登山の予定を書き込むことはまだないと思うが
いつか、そういう予定も書き込みたいな
と思う年末である。

フランスにもアルプスやピレネー、美しい山々はある。
他の国にも魅力的な山がたくさんある。
でも、日本の山は、ほんとに美しいのだ!! ^^


a0247585_51741.jpg

   「母さん、大掃除の途中で
    また脱線してますね。
   おいしいお正月料理を作るところまで
   なんとか頑張ってくださいよぉぉぉ」
[PR]
by echaloter | 2012-12-28 23:23 | 日常の特別

a0247585_4205667.jpg


jardin の Name の入った Rosebud は、
簡単に折りたたんだサシェになった。
中には、いい香りのマレのバラの花びらのポプリを入れた。

真っ白のサシェは
香料の町、グラースへ遊びに行った友人からもらったもので、ラベンダーの香り。
いつか、こういう真っ白の生地に真っ白の糸で刺繍することもやってみよう。


a0247585_4212216.jpg


縁は、ほんの少しのフリンジをクロスステッチで止めて

a0247585_4214416.jpg


蚤の市で見つけた小さいボタンをつけて
クロスステッチと同じ色の糸を使ってバックステッチでちょっと止めた。

クロスステッチは見える部分だけにしようかと思ったけれど
見えないところにステッチがあるのも、とってもおしゃれじゃな~い?!
と縁をぐるっとクロスステッチで囲んだのであ~る。^^


a0247585_422329.jpg


このバラの香りのサシェは、折鶴とともに
少し前から入院してるお隣の92歳のオデットおばあちゃんへのお見舞いに持っていった。
退院は少し先になりそうだけど、思ったよりも元気そうで
相変わらずのおしゃべりで!^^
お互いに「いい顔色ね!」と言いながら笑顔の交換ができて嬉しかった。

家に戻ってきたら、また一緒におしゃべりの時間や散歩の時間が持てますように・・・


a0247585_4224737.jpg


おばあちゃんに「カシューは元気?」と聞かれてすぐに「元気、元気!」と答えたように、今朝もかっちゃんは落ち葉の中で元気、元気!

a0247585_423497.jpg


庭師たちが集めた落ち葉は、トラックに吸い上げられていくんだな。

a0247585_4232727.jpg


公園の一角に小さな棚ができていた。小鳥たちのためかな。

a0247585_4234264.jpg


町には、去年のハンギングに比べ面白い形の菊のハンギングが飾られるようになった。

a0247585_4235855.jpg


チョコレート屋さんのウィンドーには地味目のハロウィンの飾りつけがされている。
10月も終わりに近づいているんだな。
[PR]
by echaloter | 2012-10-26 23:17 | 日常の特別

a0247585_625479.jpg


青い空を見上げながら

a0247585_626581.jpg


大きなプラタナスの並木に入ると、ひんやりした空気に包まれる。

a0247585_6262649.jpg


歩いてる道と同じような空の道、空の川。



昨日、フランスの大統領選の決選投票が行われ
社会党のオランド氏が現大統領のサルコジ氏を破って当選した。

景気の不況や社会不安などに「変化」がほしい、「希望」がほしい
という国民の気持ちの反映のようだ。

オランド氏の支持者たちは「歴史的な日だ」と騒いでいたけれど、
ほんとにそうなるかどうかは、これからどんな政治が行われていくかによるだろうな。

シラク、サルコジ、オランド・・・
私がフランスに住んで、3人目の大統領だ。
ずいぶん長くフランスに住んでいる気がしてきた!

大統領が変わった時よりも、2000年を迎えた日の歴史的な感激が忘れられない。

大統領が誰であっても、争いのない穏やかな時間が続いてほしい。


なんて思いながら、目の前には虫こぶ。

a0247585_626462.jpg


「この虫こぶ、かっこいいな」なんて思ったけれど
どこがどうかっこいいのか・・・でも、かっこいいのだ。

a0247585_6282426.jpg


対のマロニエの木には、白い花がいっぱい。

a0247585_6285914.jpg


白いシャクナゲの花も満開だ。
日本では、シャクナゲは山の中でよく見かけたな。
夏の香りがしてくる!
[PR]
by echaloter | 2012-05-07 22:23 | 日常の特別

4月は、初めのうちだけ暖かい春になって、あとは寒くてお天気がぐずついた春。

a0247585_5242955.jpg


季節が行きつ戻りつ
それでも5月がやってくる。
明日は八十八夜。

a0247585_5251334.jpg


にわとこの花ももうすぐ咲き始める。

a0247585_5254194.jpg


ヤドリギのように別の木の中にもぐりこんでる野性的なフジは、マレの方に
そして藤棚は、街側の八重桜のある広場にある。

a0247585_527271.jpg


今日も怪しい空模様。

a0247585_52846.jpg


風に流れる雲

a0247585_5283925.jpg


a0247585_529279.jpg


a0247585_5292528.jpg


マロニエのピンクの花が曇り空に色を添える。

a0247585_530349.jpg


これは、ヤブデマリかな・・・名札がつくのを待つことにしよう。

a0247585_5313140.jpg


ハンカチの木のハンカチは強い風に飛ばされそう。

a0247585_532848.jpg


空の上半分が黒い雲に覆われて

a0247585_533435.jpg


雹が降ってきた!そして、雨の音の中で4月が終わっていくのであった。

a0247585_534311.jpg


「5月は、いいお天気が続いて、畑にたくさん行けますように!」

穏やかな5月でありますように。
[PR]
by echaloter | 2012-04-30 23:40 | 日常の特別