liberté,amitié,illimité


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:broder 刺繍する ( 133 ) タグの人気記事


a0247585_54493.jpg

*Kit: ANEMONE L.N.17-3323.04 by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson


空色のリネンに刺繍し始めていたアネモネ
ずれずにうまくリースになりそうです。 ^^

といっても
まだ肝心の開いたアネモネの白い花を刺繍していないのでありました。

a0247585_5373940.jpg


小さく開いた花に使った真っ白の糸が本来の糸。
その600番の糸が足りなくなって、代わりに1番の糸でひとつ刺してみたけれど
このオフホワイトのような色だと、エーデルワイスの花のように見えちゃうかな。
やっぱり真っ白な方がいいかしら・・・
と悩んでみようかと思っているところであります。

どうかしら?活発なご意見!募集中! ^^
あ、ひとつ刺繍した花は、上のほうにあります。 わかるかな~。


a0247585_54662.jpg


今日は、気温が10度ちょっとと低めだけど
姫りんごの蕾が、また少し膨らみましたよ。

a0247585_547204.jpg


上の方の枝にも、たーくさんの蕾!

a0247585_5481669.jpg


そして、こーんな雲を見ながら

いつものモクゲンジ通りを通って、マレへと歩き出す。

a0247585_5502891.jpg


昨年の秋にできた実の入った袋たちと新しい葉っぱ、そして枝振りがとても美しい!

a0247585_5521167.jpg


もともといでたちが美しい木ではあるけれど、今日は特に美しい。

a0247585_5532788.jpg


一本一本、それぞれ表情が違うところがまたいいのだ。

a0247585_5542719.jpg


2本を一緒に写すのはなかなか難しいな。

a0247585_5552015.jpg


ほら、上手にまるーくなってるでしょ。

a0247585_5561489.jpg


いちばん奥のこの木が、いちばんいい形をしてるかな。

a0247585_5574074.jpg


ああ、なんて素敵なモクゲンジ通りなんだろう!

そう思いながら畑仕事へ向かったのでありました。
畑での出来事は、また明日に続く!

a0247585_5582559.jpg


「あたしは、このとおり!今日もよく働きました。」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-03-24 22:12 | 日常の特別

あられ降る日曜日


a0247585_592581.jpg


モクゲンジがかさかさと音を立てる日曜の午後

a0247585_5101182.jpg


下のマレの入り口の山吹を見て、それから

a0247585_5101269.jpg


さくらんぼの木の花!

a0247585_511066.jpg


そして風に揺れる忘れな草!とってもかわいかった。

a0247585_5121196.jpg


ネコヤナギは、毛虫のように変身していた。

a0247585_5123613.jpg


下のマレの上には、またいつものように大きな雲が広がり

a0247585_5125433.jpg


マレの木々たちは、ずいぶんと青くなってきた。

a0247585_5131340.jpg


地面が赤っぽく見えるのは、ヒメオドリコソウが一面に生えているから。

a0247585_5135966.jpg


これもさくらんぼの木かな。

a0247585_5142186.jpg


白い雲に圧倒される。

a0247585_5151336.jpg


春の草は、柔らかくておいしいね。

a0247585_515318.jpg


レンギョウに埋もれそうになりながら向こうの景色を眺めて

a0247585_5152817.jpg


上を見上げて、また白い花!

a0247585_5155320.jpg


川沿いではせり科の植物たちが、ぐんぐんと大きくなっている。

a0247585_5164030.jpg


あー、あの雲いいな。

a0247585_517478.jpg


風景の中に、白い花が増えていく。

a0247585_517388.jpg


やっぱりあの雲いい!

a0247585_5175026.jpg


我が島のさくらんぼの木のテーブルが見えるね。

a0247585_5174640.jpg


ゆっくり家に戻って、その後なんだかひんやりするな
と思ったら
あられが降ってきた。
すごい音に、かっちゃんもびっくりしていた。

a0247585_518590.jpg


あられが止んで、窓を開けると、空気はとても冷たい。
空では雲が夕暮れと遊んでいた。

a0247585_5182745.jpg


そして、かっちゃんの笑顔で日曜日が過ぎていったのであった~。^^
[PR]
by echaloter | 2014-03-23 23:10 | 日常の特別

a0247585_5481347.jpg

*Kit: ANEMONE L.N.17-3323.04 by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson


昨年の秋に刺繍したアネモネのリースを
今度は、薄いブルー、空色のリネンに刺繍しています。

ブルーが少しグレーがかっているので
思ったよりも落ち着いた感じになりそうだけど

a0247585_5515869.jpg


このガロンと合わせると、ちょっと陽気になるかな。


a0247585_5562410.jpg


「今日も元気に畑へ行ってきました!」

a0247585_5565896.jpg


白いヒヤシンスは、下から順々に開いて、もうすぐ全部開くかな。

a0247585_5574845.jpg


ムスカリたちも明るい日差しにうきうきしているよう。

a0247585_5585454.jpg


遠くから見るレンギョウもきれいだな。

a0247585_5592779.jpg


枝垂れ柳が、ずいぶんふさふさしてきましたよ。

a0247585_601566.jpg


「そして、あたしは、いつものように、真っ黒~♪」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-03-12 23:37 | 日常の特別

a0247585_63419.jpg

図案; marie claire idées N°41 ETE 2001 マリークレールイデ №41 2001年 夏号
pp.82-83(写真 création et réalisation Eve-Marie Briolat) & pp.172-173(説明)



PAVOTS EN CADEAU ケシの花とアルファベットの刺繍の部分が仕上がったのは
昨年の9月の終わりでした。

a0247585_663857.jpg


この図案のために用意したリネンではなかったので
刺繍が布の端ぎりぎりまでになってしまって
どうやって仕上げようかと考え、このガロンを縫い付けることにしたのであります。

a0247585_681880.jpg


ノートパソコンを覆うのにちょうどいい大きさで
部屋の中にも花が咲き、春がやってきたのでありました。 ^^


a0247585_61913.jpg


公園のそばの梅も満開!

a0247585_6193513.jpg


マグノリアも満開!!

a0247585_6203046.jpg


マレの畑では、今日もたんぽぽ金メダルと綿毛の銀メダルをもらって

a0247585_6211294.jpg


かっちゃんの笑顔も満開!!! ^^
[PR]
by echaloter | 2014-03-10 23:50 | 日常の特別

a0247585_439114.jpg

*Kit: Surkiresbær L,N,30-5075
by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson


刺繍の Surkiresbær セイヨウミザクラ は
花の季節を越えて、たくさんの赤い実と艶々と輝く葉をつけて完成しました。

11まで増えていた実は、結局13まで増えましたよ。

できた!の喜びと、明るい日が差している間に写真を!とで
アイロンもかけずに大急ぎで撮ったホットなさくらんぼです。

最後に下の方の葉っぱを一生懸命刺している間には
外の風景にも葉っぱが増えていきました。

でも、実際のセイヨウミザクラは、まだ冬模様。

a0247585_595117.jpg


あとひと月ぐらいしたら、かわいい花が見られるかな。

a0247585_5103618.jpg


まだ小さいセイヨウミザクラの街路樹たち、これから大きくなっていくね。


a0247585_5112467.jpg


下のマレでは、毎日毎日少しずつ春が進んでいる。

a0247585_5115857.jpg


このボケは、かなり赤いな。

a0247585_5123569.jpg


ネコヤナギも膨らんできたね。

a0247585_5133147.jpg


曇り空の下だけど、早春らしい風景が広がっている。

a0247585_514328.jpg


だんだんと色が変わっていく風景を見るのは、とっても楽しい。

a0247585_5152095.jpg


水路にも春の光

a0247585_5154840.jpg


白い梅の花がグレーの空に溶け込んでいきそうね。

a0247585_5162820.jpg


a0247585_5165310.jpg


a0247585_5171515.jpg


a0247585_5174185.jpg


しだれ柳もずいぶん黄緑色になってきた。

a0247585_5182141.jpg


街の上の空には、水色の空の道ができてる!

a0247585_5193422.jpg


かっちゃんは、早春のおいしい草を食べてるのね。

a0247585_5201654.jpg


空と雲と光が遊んでる。

a0247585_521810.jpg


上のマレにも春はやってきているね。

a0247585_5294197.jpg


マレ仲間からは、「じゃがいもの種芋、余りそうだからいるかい??」と連絡が入った。
そろそろそういう季節です。
手仕事から畑仕事中心の季節に移行ですね・・・
いやいや、手仕事も続けます。 ^^


a0247585_5305616.jpg


「結局ね、ちらし寿司は味見できませんでした・・・
でも、今日はにんじんがもらえたのだ!」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-03-04 23:36 | 日常の特別

a0247585_4211564.jpg

*Kit: Surkiresbær L,N,30-5075
by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson


Surkiresbær セイヨウミザクラの実が3つ。
ゲルダさんの葉っぱの刺繍には欠かせないたくさんの緑の花糸。

a0247585_425180.jpg


赤系の糸は、糸だけ見ていると渋い色に見えるけれど
刺繍してみるとファっと明るく見える。
サクランボは、5つ。

a0247585_426477.jpg


とても有能ないつものはさみも大活躍。
サクランボは、6つ。

a0247585_4274587.jpg


かくして、ただいまさくらんぼは、11まで増えました。
あともう少し増えます。
そして、葉っぱもわさわさと増えていきます。 ^^


a0247585_4302261.jpg


今日は、青空が広がる暖かい日。

a0247585_4305482.jpg


公園では、デージーが空を見上げ

a0247585_4312960.jpg


白いスミレは、ちょっと恥ずかしそうに咲いていた。

a0247585_4322522.jpg


デージーはイースターの頃に咲くとされているけれど
最近は年中見かけるようになった。
でも、これだけ元気そうに咲いてるのは暖かい時期だけね。

a0247585_433595.jpg


子どもたちもたくさん遊んでいたね。

a0247585_4344839.jpg


公園のそばのお宅のアーモンドの花も咲き始めた。
バラ科サクラ属のアーモンドの花は、桜の花にもよく似ている。
例年より早い開花ですね。

a0247585_4435528.jpg


青空がほんとに気持ちいい。

a0247585_445879.jpg


かっちゃんの影は、オオカミみたい!

a0247585_4442987.jpg


姫りんごの実は、だいぶ少なくなった。冬が終わる証拠ね。


a0247585_446934.jpg


「あたしの顔も春らしくなってきた???」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-02-23 23:55 | 日常の特別

a0247585_7323430.jpg

*Kit: Surkiresbær L,N,30-5075
by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson


貴婦人と一角獣のタピスリーの模写の仕事をしたことがあるゲルダ・ベングトソンさん。
彼女の図案を刺繍するのは11作目になった。
タピスリーを実際に見て、なんだかゲルダさんとさらに仲良くなったような気がする。^^

a0247585_7371060.jpg


デンマーク語で Surkiresbær
フランス語で Le merisier
日本語だと セイヨウミザクラ。

a0247585_740131.jpg


赤いサクランボの実、いくつまで増えるかな。

a0247585_7411211.jpg

(2月12日撮影)

姫りんご通りの半分近くの姫りんごが植え替えられ
新たに登場したのが、このセイヨウミザクラなのだ!
春に花が咲いて、それから実のなる季節がとても楽しみになった。^^


a0247585_7545287.jpg


今日のマレの空には、白い雲の真ん中に青空への入り口があった。

a0247585_756256.jpg


こっちにもね。春への入り口かな。

a0247585_7563650.jpg


川はゆったり

a0247585_757877.jpg


ゆっくり流れていた。

a0247585_7574696.jpg


青空の小川もあったね。

a0247585_7584333.jpg


今日は日本の暦で雨水。

a0247585_7591763.jpg


「一歩一歩、春へ向かっている感じだね。」

a0247585_813417.jpg


広がってる波紋は、魚が跳ねた跡よ。
魚も飛び上がりながら、春よ来い!って言ってたんじゃないかな。

a0247585_84681.jpg


3月の足音が聞こえてきそうね。

a0247585_84542.jpg


今日もおしゃれなハンノキが美しかった。

a0247585_854160.jpg



a0247585_86767.jpg


「あたしは、美しく足を揃えてみました!」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-02-19 23:43 | 日常の特別

a0247585_4544998.jpg


ここは
パリのPorte de Versailles(ポルト・ド・ヴェルサイユ)にある見本市会場であります。

a0247585_457221.jpg


2月6日~9日まで、手芸見本市のL'aiguille en fête 針の祭典 が行われました。

a0247585_4593296.jpg


いつかは覘いてみたいと思っていたその手芸市に
今年は思い切って行ってみたのです。
手芸市に詳しく、様々な手仕事の大先輩であるmicaelaさんと待ち合わせをして
会場を案内してもらったり、アドバイスをしてもらいながら
会期中、2度訪れることができました。

a0247585_533071.jpg


特に
今回は Boutis ブティ の作品をじっくり見たり、キットや道具のことを詳しく知りたいと思っていたのであります。

本やネットで作品を見ることができても、実際にブティを間近で見る機会はフランスにいても少ないので、ぜひともじっくり見たかったのです。

a0247585_582322.jpg


中山久美子さんのブースにも
かわいい子供服に施されているブティなど、興味深い作品が並んでいました。

Francine Nicolle フランス・ニコルさんのブースには、とても細かくて繊細なブティが並んでいて、目を近づけて感動しながら作品に見入りました。

a0247585_5272941.jpg


刺繍のブースもいろいろ見て回りましたが
時々利用している Alphabetsのお店と、2年前から刺繍したいと思っていた図案を置いている Compagnie des ouvrages のお店は、並んで仲良く出店していましたよ。

見本市のいいところは、地方のお店の作品や図案も見られるということですね。

この2つのお店の間に座っていたマダムは・・・
Des Fils et une Aiguille のかつてのオーナーのマダム!
お話はしなかったけれど、懐かしい思い出が蘇る再会でした。

しかし・・・見本市では写真を撮ってる時間はありませんね。
いろいろ見て回ったり、お店の人と話をしたり、図案を探したり
酸欠にならないように深呼吸をしたり~
なかなか忙しいのでありました。

a0247585_540574.jpg


そして、micaelaさんの的確なアドバイスにより
よし、取り組んでみよう!と決心したキットたち。
みなさんに「がんばって!」と声をかけてもらったので
ぜひとも、完成させますよ。

a0247585_65130.jpg


micaelaさん、忙しい中、いろいろありがとうございました。
〝特訓〟は、とってもためになりました。
おしゃべりも楽しくて、特に懐かしのユネスコ村の話が楽しかったなぁ。^^
またお会いする日を楽しみに、細かい運針の練習に励みますね!

毛糸や布や道具類などをじっくり見るためには、もっと時間が必要で
それは、また来年~ということになりそうです。

a0247585_633915.jpg


帰り道のお月さまとゴブラン織り製作所の明かりがとても美しかった2日間でありました。


*****************************************


a0247585_6265633.jpg


本日の我が町、すっきりしない空だけど、気温はなんと15度まで上がった。

a0247585_6282828.jpg


明日もまた雨らしいので、舟の水の汲み出しに港へ行けば
かっちゃんは、飲めるだけ飲んでおこう!とごくごくがぶがぶ
川の水を飲む飲む!

a0247585_6295334.jpg


「あー、おいしかった!」 ^^

a0247585_6304998.jpg


薄暗い公園には

a0247585_6314364.jpg


プリムラが明るく咲いていた。

a0247585_6333880.jpg


街には、私がアーモンドの花と呼んでいる花が咲き始めていた。
ほんとにアーモンドかどうか、今年ははっきりさせよう!!


a0247585_6343621.jpg


「もう一度、港へ行きたいですーーー!」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-02-14 22:40 | 日常の特別

a0247585_614777.jpg


「ここにタピスリーがある 〔中略〕
いらっしゃい、その前をゆっくりと通りましょう 〔中略〕
なんて穏やかなんでしょう、そう思いませんか?」

Rainer Maria Rilke ライナー・マリア・リルケ , 
Les Cahiers de Malte Laurids Brigge マルテの手記 1910年

リルケもこのタピスリーを見ていたのだな
そんな感慨を胸に、展示室に入る。

a0247585_5531950.jpg


昨年の5月の終わりに
初めてデンマーク刺繍のHaandarbejdets Fremme(フレメ)のキットを刺繍して、
改めてゲルダ・ベングトソンさんのデザインが素晴らしいと思った。

そして、そのゲルダさんが若いころ、パリのこのクリュニー美術館で
この貴婦人と一角獣のタピスリーの模写の仕事をしたことがあることを知り
ぜひ見てみたいと思ったのだが
その時は、展示室の改修に伴って、このタピスリーは日本を旅していたのだった。

時が経ち、昨年末、日本での旅を終えた貴婦人と一角獣はパリに戻ってきた。


a0247585_6353888.jpg


貴婦人と一角獣のタピスリーは、15世紀に作られた6つの作品
「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」と人間の五感を表わす5枚、
そして、「我が唯一の望み」と題される1枚からなっている。

私が今回特に目を凝らして見たのは、上の写真の「触覚 Le Toucher」だった。
おそらく、手仕事のことを考えていたから、〝触る、触れる〟という感覚に敏感になっていたのかもしれないな。

a0247585_648464.jpg


「味覚 Le Goût」。
千花文様(ミルフルール)と呼ばれる模様は、なんだかゲルダさんの図案のような錯覚に陥る。

a0247585_652209.jpg


お留守番のかっちゃんは、元気かな。
なんて優しい眼差しだろう。

a0247585_6534100.jpg


6枚目の「我が唯一の望み A mon seul désir」。
このタピスリーが五感の序章なのか結論なのか
意味するところは、謎に包まれているそうだ。

以前よりも明るくなったといわれる展示室で
なんと贅沢なことに
しばらくの間、部屋の隅で座っている学芸員の他には私一人。
一人でこの6枚のタピスリーに囲まれていた。
ほんとうに贅沢な時間であった。


a0247585_731783.jpg


その他、装身具の展示や

a0247585_74292.jpg


〝聖エティエンヌの一生 La vie de saint Etienne〟
と呼ばれるタピスリーのコレクションもすばらしかったけれど
あの貴婦人と一角獣の展示室で過ごした時間が
何よりも特別な思い出となった。


a0247585_792935.jpg


窓の外は、雨。

a0247585_710655.jpg


傘を差して、セーヌ河の方へ少し歩き

a0247585_7104480.jpg


振り返って、クリュニー美術館の建物をもう一度見る。

a0247585_7124884.jpg


それから、ノートルダムの横を通り

a0247585_7144382.jpg


お昼休みで閉まっている店先を見ながら

a0247585_7154184.jpg


ふらふらっと雨の中のパリ散歩になった。

a0247585_717253.jpg


美術館を出るときに、アンケートに答えたら
「我が唯一の望み A mon seul désir」の絵葉書をもらった。
気に入った「触覚」の絵葉書と並べてみた。
やはり「触覚」の堂々とした貴婦人と一角獣の優しい眼差しがとてもいいなと思った。

a0247585_7403956.jpg



*****************************************



a0247585_7233477.jpg


11日の今日も雨。散歩の間だけ雨が上がっていた。

a0247585_725116.jpg


下のマレの入り口では、スノードロップが咲き出していた。

a0247585_726364.jpg


「春が近づいてきているね~」
と、かっちゃんも立ち上がって春を待ち構えてる?!^^

a0247585_727838.jpg


川面には枝垂れ柳の枝とぼんやりとした太陽の姿が見えた。

a0247585_7281715.jpg


青空が恋しいね~。

a0247585_743752.jpg


「早く畑を駆け回りたいです!!」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-02-11 23:49 | 日常の特別

a0247585_5381570.jpg


Perrette Samouiloff サモさんの Le p'tit monde de Perrette シリーズの
「Le tricot 編み物」を刺繍したのは、昨年の2月の終わりのことでした。

その中の猫の一匹を、少しアレンジしてリネンテープに刺繍して
Chat シャ 猫 の C も毛糸のように加えて
毛糸と遊んでる猫の登場!


a0247585_5473879.jpg


そして、いつもの公園には
リードにつながれた散歩する猫の登場!
最近少しずつ散歩する猫が増えているようです。


a0247585_5491980.jpg


水溜りに映る木々がとても美しい

a0247585_5505529.jpg


そんな今日の空は相変わらずどんより

a0247585_5571464.jpg


「これは・・・冬の匂い?春の匂い?」

a0247585_5513434.jpg


そんな空でも、街でいちばん早咲きの桜の花がすでにいくつか咲いていた!
日本の暦の〝立春〟がわかったのね。


a0247585_5533362.jpg


「桜もほんとの春を待ってるね。

少し早い春休み・・・うーん、春待ち休み!で
少しお休みします。

a0247585_5531498.jpg


うっしし~♪ みなさんもよい週末を!」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-02-05 23:31 | 日常の特別