liberté,amitié,illimité


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:Notes chez Haricot まめんちメモ ( 3 ) タグの人気記事


a0247585_4485914.jpg


ニコルおばさんがくれた、かっちゃんが大好きなじゃがいもと、しましまズッキーニ。

港でおしゃべりしている時に、おばさんから教えてもらったレシピどおりにさっそくズッキーニのフランを作ってみよう。

a0247585_4505118.jpg


きれいなしましまの皮はそのままにしておきたいところだけど、
皮むき器で皮を剥いて、そんまま実も同じように薄く剥いていく。

a0247585_4515494.jpg


そのひらひらズッキーニをちょっとバターを塗った耐熱皿に好みの量を入れて、それからハム、パセリ、グリュイエールチーズを乗せる。
これを繰り返す。今回は、器が大きいから2段だけになった。
そして、卵と牛乳と少し生クリームを溶き混ぜて、上から注いでオーブンで焼くと

a0247585_4543582.jpg


あら、簡単!洗い物も少なくていいわ!の、ズッキーニのフランのできあがり♪

ふわふわっとして、でも、新鮮なズッキーニのちょっとだけこりこりっとした食感もあって、ほっとする味だ。
今日は、畑でとれたイタリアンパセリを入れただけだけど、ローズマリーや他のハーブを入れたり、ハムじゃなくてベーコンを入れたり、チーズはパルメザンでもいいし・・・いろいろに工夫できます。

フランは、洋風茶碗蒸し、あるいは、お食事プリンみたいなものね。
軽くて、野菜も一度にたくさん食べられる。
温かくても冷たくてもおいしいしくて、これで一食にしてもいいし、小さいココットで焼いて付け合せにしてもいい!

ニコルおばさんのズッキーニを使って作った、ニコルおばさんのレシピによるズッキーニのフラン♪おいしく食べて、ますます元気になれそうな金曜の土用の丑の日であった。

野菜や果実の収穫の時期、マレの仲間との挨拶の後には、こうした収穫物を使ったレシピについてのおしゃべりが続くのである。マレにもうなぎがいるらしいけど、いつか食べられるかな・・・^^
[PR]
by echaloter | 2012-07-27 23:56 | 日常の特別

昨年初めにコペンハーゲンで買った毛糸で
まず小さいマフラーを編んだのは昨年の11月のことでした。

それ以前にオレンジ色の毛糸で編んだスヌードに合わせて
オレンジ色の帽子がほしいなと思っていて
コペンの毛糸を使ってできた帽子はこんな感じになりました!

a0247585_321522.jpg


ハッとするようなオレンジ色、
この毛糸の色、好きだなぁ。

a0247585_554423.jpg

(Black, Dark orange, Tomate 黒、ダークオレンジ、トマト色!)


縒り方の具合で、とても細いところがあったり、ぷくぷくっとしてるところがあったり
その手触りが編んでてとても楽しい。
シェットランド100%と書いてある。

「モデルさ~ん!」と呼べば、飛んでくるようになったカシューです。

a0247585_4533474.jpg


オレンジ色だけでは、頭がにんじんみたいになっちゃうので
天辺は黒にして
オレンジの部分がヘアバンドのように見えるようにしたいと思ったけど

a0247585_4544142.jpg


もう少し黒の部分を長めにした方がよかったね。

黄緑(ライム色!)の糸をちょっと入れたのは
かっちゃんが、足によく草をつけてるイメージよ。

編み方は、3色アイスクリームのクッションカバーの裏側のベストの編み方と同じで
ゴム編みの組み合わせ。モコモコっとした感じになりますねぇ。


「もう一人のモデルさ~ん!」と呼べば出てくるのは、りんご姫かあさん。

a0247585_4551797.jpg


やっぱりもう少し黒の部分を長くしてざっくりした感じにしたいね~
オレンジ色のスヌードと合わせてと思ったけど
今日の気分で、グレーのネックウォーマーをしよう。


ではでは、

この帽子でどれくらい元気が出るか?
さっそく曇り空の下、散歩に出かけよう!

a0247585_602976.jpg


すっかり曇り空と思ってたけど、ちょっとだけ青空に会えた!!

a0247585_611486.jpg


川岸の木々は、ばっさりと剪定されている。

a0247585_615718.jpg


公園のバラには、いくつか蕾がついていた。

a0247585_623660.jpg


太陽がそこにいるのはわかってるのよ~。

a0247585_63665.jpg


はいー、かっちゃんについて行きます!

a0247585_634178.jpg


この帽子を見てる人も、ちょっと元気になれるかな?

a0247585_641584.jpg


ほ~ら、陽が出てきたよ~。


今朝、姫りんごは靄に包まれていた。

a0247585_652144.jpg


夜も、10メートル先が見えないくらいの靄。
明日はどんな天気かな。


<まめメモ>

'曇り空でも元気が出る帽子'

Shetland 100%uld fra Falkenberg Design
使用した色 sort71, Dyb orange11, Tomatrød93, Lime39
( Black, Dark orange, Tomate, Lime)
棒針 4,5mm
編み始め 108目

cf: *Hanne Falkenberg Colourcard No.2 – Shetland
 *POLO Copyright Hanne Falkenberg Denmark Colour Combinations
[PR]
by echaloter | 2012-01-11 23:32 | 日常の特別

a0247585_7355527.jpg



昨年の夏に収穫して乾燥させておいた黒枝豆と
昨年の夏にあーちゃんが持ってきてくれた利尻昆布で
煮豆を作ってみた。

おいしくできるかな・・・
と試しに1カップほどだけ作ってみたけれど
なんとおいしいこと!!!!!

黒い枝豆は、黒豆と大豆のあいのこのような味がするし
昆布もやわらかいし、いい味だぁ。

この煮豆は、我が家のお正月の味にしたくなった。

***********************************

昨年は、EDAMAME 枝豆は豊作だったね。

a0247585_7465686.jpg


a0247585_7484885.jpg


***********************************

この夏も、枝豆をいっぱい作ることにしよう。

まめまめしく!畑で動いて、おいしいものを作って食べたら、みんなよろこんぶ!^^




<まめメモ>


「大豆とこんぶの煮物」

基本の作り方 材料4人前

大豆・・・・・・・・カップ2(320グラム)
重曹・・・・・・・・小さじ3分の一
出し昆布・・・・30グラム
しょうゆ・・・・大さじ5
砂糖・・・・・・・・120グラム
塩・・・・・・・・・・ひとつまみ


①大豆をきれいに洗ってざるに上げて水気を切る。

②鍋に水カップ7、砂糖、塩、しょうゆ、重曹を入れて一晩つけておく。

③昆布は固く絞ったふきんで汚れをふきとり、はさみで1センチ角の色紙切りにする。

④②を強火にかけ、沸騰したら火を弱めて灰汁、泡を丁寧にすくい取り、落しぶたをして30~40分煮る。

⑤次に昆布を加えて弱火にし、再び落としぶたをして2時間半~3時間、煮汁が3分の1の量になるまで気長に煮る。この間、時々なべ返しをして全体に味を含ませる。


<りんご姫の気まぐれ分量と作り方>

上記の作り方は、昭和51年12月発行の『きょうの料理』の土井勝さんの「豆を煮る」からのレシピです。

しかし!りんご姫は・・・

* ②のお豆は2晩近くつけておいた。
* お砂糖は、カップ1の豆に対して30グラムくらい、つまり2カップの豆なら60グラムとレシピの半分だけ入れた。

これで、自分の好みに合った味になったのでした。
[PR]
by echaloter | 2012-01-04 23:50 | 日常の特別