liberté,amitié,illimité


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:Coudre 縫う ( 13 ) タグの人気記事


a0247585_6193397.jpg


なかなか手仕事が進まないこの季節。

Francine Nicolle フランシーヌ・ニコルさんの本から選んだオリーブのモチーフの裏側に当たる部分のモチーフは、蜂だと思ってるんだけど・・・あら、違うかしら?? ^^

a0247585_6224889.jpg


細かい作業でどんどんとは進められないけれど
ぷっくりと形になっていくのは、とっても楽しいものですね。


蜂といえば花。

a0247585_6243880.jpg


我が家の前の姫りんご

a0247585_6251283.jpg


「かわいい、かわいい!」と咲き始めた花をひとつひとつ愛でると

a0247585_6255964.jpg


花も笑ってくれるみたい。


20度を超える日が続いて、公園の花の蕾も一気に膨らんできた。

a0247585_6291251.jpg


ぼたんは少々恥ずかしがってるようで

a0247585_6294835.jpg


チューリップは堂々と黄色宣言をして

a0247585_6303330.jpg


しゃくやくはぼたんに追いつけ!とがんばって

a0247585_6311643.jpg


フジはこれから変身するぞと意気込んでいる。

a0247585_6315831.jpg


一重の山吹も美しい。

a0247585_6323439.jpg


花の時期が長いレンギョウに変わって向こう側で咲き出しているのが一重の山吹。

a0247585_6332776.jpg


アセビの新芽は、はなよりも華やかね。

a0247585_6341885.jpg


ポプラの新芽も出てきた。

a0247585_6345071.jpg


艶々でやわらかそう。

今週は、満開を迎える花も多いかな。

a0247585_6355699.jpg


「今日はサマータイムの初日・・・一時間が時間がずれて
なんだか時差ぼけ!で眠いのです。」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-03-30 23:18 | 日常の特別

a0247585_7291733.jpg


Francine Nicolle フランシーヌ・ニコルさんの本から選んだオリーブのモチーフ
縫い終わり、コーディングをしました。
楽しい作業だけど、まだまだ不慣れです。
でも、楽しいっていうことは・・・
だんだん上手になっていくかな。^^

a0247585_732208.jpg


シンブルを二つ使って縫うのは、ちょっと慣れてきたような気がします。 ^^
オリーブのモチーフを見ていると
南仏の明るさやオリーブ畑、地中海などを思い出します。
ここのところフランス全土気温が高く
南仏では25度にもなり海辺にもたくさんの人が出ているようですよ。


a0247585_738263.jpg


我が町には、春の光り。

a0247585_7384091.jpg


真っ白い椿が輝き

a0247585_73971.jpg


レンギョウの黄色は、まだまだ鮮やか。

a0247585_7394054.jpg


ポプラがぼんやり赤く見えるのは

a0247585_7401346.jpg


雄花が赤いからなのね。

a0247585_741201.jpg


下のマレのこのヤドリギは、またまた成長したような気がするな。

a0247585_744395.jpg


枝垂れ柳の雄花もとってもきれい。

a0247585_7443823.jpg


土手に出れば

a0247585_745253.jpg


畑と

a0247585_7452820.jpg


水面が

a0247585_745553.jpg


美しい3月の満月の日。

夜、外に出ると、真っ白な椿のように白い丸い月が見えたのでありました。


a0247585_7472336.jpg


「お散歩中も、のんびりしちゃう3月です。」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-03-17 23:27 | 日常の特別

a0247585_49214.jpg


Francine Nicolle フランシーヌ・ニコルさんの本から
オリーブのモチーフを選んで
ひたすら針を運ぶ時間の始まり。

a0247585_411172.jpg


針先をつかんで引っ張って針を引き抜くこのニードルプラーは
ほんとにとっても便利ですね! ^^


a0247585_4225061.jpg


マレの上には黒い雲が立ち込める。

a0247585_4243469.jpg


ピラカンサスの新芽の緑が美しく

a0247585_4252294.jpg


その先には満開のアーモンドの花。

a0247585_4261782.jpg


桜でもなく、梅でもなく、アーモンドの花が告げる春。

a0247585_4303949.jpg


でも、今度の日曜日には雪のマークが現れた。

a0247585_432455.jpg


今日は結局、雨の火曜日。

a0247585_4321743.jpg


「晴れの春が来てほしいな~」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-02-25 23:50 | 日常の特別

a0247585_739358.jpg

*Kit: Porte aiguilles Camomille by Kumiko Nakayama


毎日、ほんの少しずつ運針の練習をして・・・
それから、初めて取り組んだブティの小さな作品ができました。
中山久美子さんのキットです。

白さがとてもまぶしく感じるかわいらしいカモミールの図案。
これからブティを楽しんでいくときに使う針山ができて嬉しいのであります。

a0247585_7452664.jpg


これは、最後の仕上げをする前の姿。
南仏の香りのするブティを刺繍していて
かつて住んでいた南仏の町の白く輝く建物や、風や空気、オリーブの木や噴水や・・・
いろんな風景や光景が浮かんできたのであります。

ブティも少しずつ、いろいろと作っていきます♪


a0247585_814775.jpg


からっとした南仏の風景を思い出しながら窓の外を見れば雨。

a0247585_823688.jpg


1月にやってきた植物たちは、雨に濡れて気持ちよさそうだけど

a0247585_832959.jpg


空はグレーだな。

a0247585_8473.jpg


たくさんできてる水溜りを覗き込むのが楽しいお散歩。

a0247585_845578.jpg


もう一息で水仙も咲き始めるね。

a0247585_8103679.jpg


「風は春だね~」

a0247585_854145.jpg


プラタナスの枝が揺れながらそう言っていた。 ^^


a0247585_863027.jpg


「晴れの日が待ち遠しいね~」 ^^
[PR]
by echaloter | 2014-02-20 23:34 | 日常の特別

a0247585_4525915.jpg

*Kit ; le porte-monnaie Bucolique by Sarahpatch

アップルコアのパターンの布を5枚ずつ縫い合わせたものを
なんとか、凸凹合わせ、つじつま合わせ!で縫い合わせ
これでピーシングが終わり、15枚の布が一枚になりました。

そして、初めてのキルティングの開始!

a0247585_4565810.jpg


初めてのことで、最初はちょっと恐る恐る針を進めてる感じ・・・
そのことに気がついて、ちょっと可笑しくなりました。
そして、そのうち針を押す右手の中指が痛くなってくる・・・
なるほど!そこでシンブルが登場するわけですね。

いろんなルートでここにやってきたいろんなものが入っている裁縫箱をごそごそとして
おそらくツバメの王子の家の誰かのものだったと思われるシンブルや
我が町のカテドラルの絵が描かれた陶器のシンブルを見つけました。

a0247585_51096.jpg


そして、改めてシンブルの形や穴や模様などをじっくり眺めて
利に適った道具なんだな、と感心して
すっかりシンブルファンになってしまったのでありました。

使いこなすまでには時間がかかりそうだけど
シンブルと仲良くなれれば、パッチワークも楽しく上達できそうな気がするな。

シンブル、指ぬきは、フランス語では dé à coudre デ ア クードゥル。
クードゥルは縫うという意味。
デとだけいうこともよくあります。

さて、キルティングを進めましょう!
ピーシングは慎重に、キルティングは大胆に
そんなふうにするといいのかしら、と思うパッチワーク初心者でありました。



a0247585_518567.jpg


今朝は、昨日より気温が少し上がったものの、景色は冬のよう。

a0247585_5194916.jpg


明け方の雨で紅葉したツタも落ち葉も

a0247585_5202337.jpg


これから赤くなろうとしているツタもみんな濡れている。

また雨が降りそうで降らない夕方には

a0247585_5211871.jpg


港まで舟の雨水の汲み出しにでかけよう。

我らが舟の水を汲み出した後、マレ仲間の舟のいくつかの溜まっている水の様子を見て
たくさん溜まっているクリスチャンの2艘目の舟の水を汲み出してから
元の場所へ戻ると!

a0247585_5233956.jpg


なんか、アザラシのようなカワウソのような動物がスーッと来て

a0247585_524168.jpg


スィーッと向きを変えて・・・

a0247585_5243736.jpg


かっちゃん!!なんで泳いでいるの???
お隣さんの舟や岸の匂いをかいでるのだとばかり思っていたら
いつの間にか気持ちよさそうに泳いでいたのね!!

港に来る前から、きっと「今日は泳ごう!」って決めていたに違いないぞ。

a0247585_527843.jpg


ひと泳ぎした後は、港の散歩もるんるん!

a0247585_5273985.jpg


草もいつもよりおいしく感じるんでしょうね。

ほんとにかっちゃんは、面白くて楽しいね。

a0247585_5285855.jpg


「今日は泳げて嬉しかったなぁぁ~」 ^^
[PR]
by echaloter | 2013-10-14 23:32 | 日常の特別

a0247585_5215694.jpg

*Kit ; le porte-monnaie Bucolique by Sarahpatch

15枚の柄違いの布をカットした後は
5枚ずつを縫い合わせていく作業なのですが

a0247585_5395268.jpg


カーブの向きと長さの違うものを縫い合わせるのは試行錯誤です。
だんだん慣れて、なかなかうまくいったなと思ったり
やっぱりちょっとつれてしまったなと思ったり。
楽しい trial and error が続きます。

ピースとピースを縫い合わせるのがピーシング!
少しずつパッチワークの世界を知ることも楽しいのでありました。

次は、横長につながった3つのパーツを縦につなぐ作業です!
果たしてうまくつながるのか・・・乞うご期待。 ^^


a0247585_5333122.jpg


10月だというのに、まだ咲いているタチアオイがあった。
大通りのサルスベリにも花がついていた。

秋は、夏と冬の間にあるんだな。

a0247585_5344997.jpg


姫りんごは、雨でずいぶん葉を落とした。
どんよりした空や雨が多い今週である。

a0247585_5355993.jpg


「雨の中、出かけるのは憂鬱です・・・」 ^×^
[PR]
by echaloter | 2013-10-04 23:35 | 日常の特別

a0247585_645553.jpg


あら、まあ、大変!

a0247585_653695.jpg


キットには
〝りんごの芯〟trognon de pomme アップルコアのパターンの型紙が入っていて
15枚のmodaの布にそのパターンの印付けをし、カットしたものの

a0247585_663062.jpg


布の並べ方をどうしましょう・・・と悩む、悩む。

小さなポーチになるので
どの布が中心にくるのかなどを考えて・・・と、さらに悩む、悩む!

a0247585_69416.jpg


こんな感じにしようかな。
では、ピースワークにとりかかろう・・・

a0247585_61527100.jpg


あら、これまた、大変!!
曲線を合わせて縫うのだけど、反対を向いている曲線同志を縫い合わせる・・・

ちゃんとできあがるのでしょうか?!
楽しみ、楽しみ。
こうして、手仕事の楽しみも秋とともに深くなっていくのであった~。 ^^


a0247585_635181.jpg


黄色からオレンジへ、オレンジから赤へ、ピラカンサスの実

a0247585_6362117.jpg


ところどころ黄色は、菩提樹の葉

a0247585_6381077.jpg


きのう雨粒に覆われていたバラの蕾が開き

a0247585_637836.jpg


プラタナスの影が並木道に伸びて

a0247585_6394670.jpg


かっちゃんの尻尾はりんご姫母さんの尻尾?!

a0247585_6423255.jpg


青い空に赤い葉が揺れる穏やかな秋の一日。

a0247585_6433588.jpg


「あたしは、川の水が恋しいのでありますー。」 ^^
[PR]
by echaloter | 2013-09-21 23:54 | 日常の特別

a0247585_22524037.jpg


パッチワークといえばmonaさん!と思うほど、monaさんのブログでかわいらしい作品や生徒さんたちとの製作の様子などをたくさん見せてもらって、なんだか私自身も参加しているような気になっている。^^

でも、今までに実際に作ったことはないし
こんなふうなものを作ってみたいなと思っても
細かい作業が多いパッチワークは、私にはとても面倒な気がしてなかなか手が出なかったのであ~る。

しかし!
いろんな方のブログやパッチワークの布やキットなどを扱っているサイトを
あれこれと見ているうちに、
いろんな種類のある、そして落ち着いた色合いの布がとても魅力的に思えたmodaの布を使って、何か実際に作ってみようと思うようになった。

そして
フランスのサイトでいろいろ探して
modaの布を使ってキットを作っているsarahpatchのサイトに出会った。

パッチワークのキットには、小さい布がたくさん詰まっていて、それを広げるのはとってもわくわくしますね。

届いた封筒の中には
きっちりつめられたキット用の布のほかに
Lynette Andersonの布はプレゼントです」とsarahpatchのVanessaさんの手書きのメモとともにかわいらしい布が入っていた。

a0247585_2318534.jpg


自らは買わないだろうなと思う生地だけど
なんともかわいらしいのと、この犬のモチーフを使いたくなるじゃない?!
我が家には犬のカシューがいるしね。 ^^

そこで!
簡単にできそうなフォーパッチのピンクッションを作ってみることにして
作ってみたのでありました。


a0247585_23235359.jpg


My Dog と My Home は、Lynette Andersonの布
その他は、modaの Civil war reunion 2 のシリーズの布
裏は

a0247585_23283820.jpg


modaの Civil war のシリーズのもので
modaの布は柄が一緒の色違い。
新しい布の匂い、いいですね。

中には、母がたくさん残してくれた毛糸の中から100%ウールのものをぎゅーぎゅー詰めました。ちょっとはちきれそうになりました。^^

a0247585_23233345.jpg


記念すべき第一作ができて嬉しいのと気に入ったものができて嬉しいのとで
もったいなくてピンクッションとして使わずに、ずーっと眺めていそうです。

modaのこの布は、南仏の布の柄にも似ていて
でも、落ち着いた色合いがまた独特で、とてもいいなと思いながら
南仏の町に住んでいたころは
街中にあるソレイヤード Souleiadoレゾリヴァード Les Olivades のお店をよくのぞいたなと懐かしく思い出した。

a0247585_23484710.jpg


その昔、渋谷のデパートの中にレゾリヴァードのお店があってそのお店の人と仲良くなり、手作りのこのティッシュカバーをもらったのだった!そんなこともあったな。
日本でずいぶん使い込んだけど、フランスのティッシュのサイズは日本のものとは違うので、このカバーも引き出しの奥の方にしまいこんでいた。

a0247585_23515741.jpg


ある夏には、南仏の町のレゾリヴァードのお店に入って、店長さんが着ていたこの柔らかい赤のタンクトップがとても印象的で、どうしても着たくて、結局もう何年も夏になると必ず着ている。

布の話は、思い出を辿っていくと止まらなくなりますよ。 ^^

先日のマレの木陰での刺繍時間に使っていたテーブルクロスは
亡きツバメの王子の実家で使われていたもの・・・といっても
私自身がこのテーブルクロスが使われているシーンを見たことはないのだけれど
かなり使い込まれていて、ほつれているところもあったりしますが
色あせたブルーがとても美しく思えるのであります。

a0247585_08516.jpg


a0247585_091273.jpg


既製品のように見えるんだけど、それにしては手が込んでるかな。


そうそう、パッチワークには布だけじゃなく糸も必要ですね。

初めてのパッチワークは、手持ちの丈夫な糸を使えばいいかなと考えていたとき
そういえば
この町の手芸屋さんの糸のコーナーには、「何にでも使える丈夫な糸」って書いてあったなと思い出してじっくり見に行ってみたら

a0247585_0183380.jpg


Gütermann の糸でした。
いい色が揃っています。

布のことも糸のこともその他の道具のことなども
少しずつ少しずつ知っていくのが楽しみです。

sarahpatchのキットは、ゆっくり冬が終わるころまでにはできるといいなぁぁ。



a0247585_0212543.jpg


大暑の日の朝、夜が明けて

a0247585_0215815.jpg


カモの家族は川散歩

a0247585_0223024.jpg


公園では庭師が働き

a0247585_0225428.jpg


木漏れ日が輝き

a0247585_0232481.jpg


アジサイは更に濃く丸く

a0247585_0235260.jpg


昼顔は目の高さまで這い上がり

a0247585_024311.jpg


プールにはまぶしい水しぶき。


a0247585_025831.jpg


午後には久しぶりに雨が風に飛ばされている姿を見た。

大暑、満月、雷雨

a0247585_02658.jpg


「雷は怖いです!

a0247585_0264074.jpg


でも笑顔は欠かさず!

a0247585_027180.jpg


しかし、興奮しすぎて疲れました~」 ^^

夏が深くなっていく
そんな気がする大暑の日である。
[PR]
by echaloter | 2013-07-23 23:55 | 日常の特別

小学校の2年生のときだったと思う。
学校に防災頭巾を持っていく決まりになって
母が私のために防災頭巾を作ってくれた。

ベージュに赤い模様の入った
母のもう着なくなった着物の袂を使って
頭巾を作ってくれたのだ。

しかし
6,7歳の小学生にこの頭巾の美しさや素敵さがわかるはずはなく
周りの友人たちの頭巾が
子どもらしいかわいい柄の布で作られているのを見て
自分の防災頭巾はかわいくないなと思っていた。

高学年になって
少し大きめの新しい頭巾を作ることになり
今度は、紺の地に白い水玉、それにさくらんぼだったかいちごの柄の入った布で
母が用意してくれた。
かわいい頭巾を学校へ持っていくのが嬉しかった。


でもね
今になって
あの着物地で作ってくれた防災頭巾には
母のいろんな思いが入っていたんだな
それに
なんて素敵な生地だったんだろう
そして
袂の部分は、子どもの頭のサイズにぴったりなんだな
と、いろいろなことに気がつく。

何よりも
その頭巾を自分の分身のように娘に持たせ
大事に守りたいと思った母の気持ちに気がついて
嬉しくて、心が温かくなって
その生地の手触りなどを思い出すのである。

a0247585_416577.jpg


母の着物を何かに作り変えようとほどいた袂を見ていて
いろんなことが蘇ってきたのである。

a0247585_4172733.jpg


今も手元にあるアルミのお弁当箱。
私が幼稚園に入るときに
どんな気持ちで母は、この柄のお弁当箱を選んだのだろう。

生きていたら
今日で79歳ね。
おめでとう。
きっとかわいいおばあちゃんになっていたね。
[PR]
by echaloter | 2013-02-06 22:22 | 日常のお祝い

手仕事は年を越えて


a0247585_5112585.jpg


一応編み終えた生成りのマフラーは
フリンジをつけようかどうか
スヌードのようにしあげようか
このままでもいいかな・・・
と迷っているところであり

a0247585_512562.jpg


ノエルに向けてと進めていた刺繍物語は
「お先に!」とノエルの方が先に進んでしまって
雪の降らない暖かい冬が今も進んでいるところで
では、ゆっくりと次のノエルまでに進めましょうか・・・
ということになり

a0247585_5145768.jpg


気に入ったモチーフをいろいろと刺繍できたことは
とっても楽しかったなと思い出し
まだ仕上げていないものや
形にしたいものがたくさんあるな・・・
と新しい年に向けても

心が弾む手仕事の世界である。 ^^
[PR]
by echaloter | 2012-12-31 21:10 | 日常の特別